離婚届の書き方のポイント

「離婚問題連絡協議会」TEL:03-6452-9889、受付:AM10時〜PM8時・日祝定休
離婚問題連絡協議会>離婚届の書き方のポイント

離婚届の書き方のポイント

住所・氏名

住民登録をしている住所を書きます。別居等していても住民登録を変えていなければ、夫婦同じ場所を書く事になります。

婚姻前の氏に戻る者の本籍

夫婦のうち、婚姻前の氏に戻るものにしるしをつけます。離婚後も結婚時の名前を使いたい場合は、「離婚の際に称していた氏を称する届」を3ヶ月以内に役所に届けます。例えば鈴木さんが旧姓の佐藤さんに戻らないで、鈴木さんのまま氏を使いたい等という時です。

未成年の子の氏名

夫が親権を持つ子、妻が親権を持つ子、それぞれの氏名を書きます。離婚後、母親の旧姓を名乗る場合でも、現在の氏を書きます。

署名・捺印

必ず自分で署名します。
印鑑は、実印でなくても認印でも良いです。但し、シャチハタ類は不可です。

証人

証人とは立会人という意味であり、離婚につき責任を負うものではないです。20歳以上である事が要件で二人必要です。もし、友人夫妻等に頼む場合は、別々の印鑑を押してもらいましょう。

連絡先

夫でも妻でもどちらでも良いし、自宅でも勤め先でも良いです。

調停・慰謝料・財産分与、離婚相談は今すぐこちらへ
space