離婚相談の離婚問題連絡協議会/離婚に関するコラム/第16回「離婚のポイントをおさえて専門家からノウハウを」

「離婚問題連絡協議会」TEL:03-6452-9889、受付:AM10時〜PM8時・日祝定休
離婚問題連絡協議会離婚に関するコラム>第16回「離婚のポイントをおさえて専門家からノウハウを」

離婚に関するコラム

第16回「離婚のポイントをおさえて専門家からノウハウを」

一括りに「離婚相談」といっても、それぞれに専門があります。

行政書士

最終的に文書化する場合は専門家のチェックを忘れないで下さい。行政書士を利用しましょう。離婚に特化した事務所であれば、かなりしっかりとしたアドバイスが期待できます。法務知識のない夫婦での取り決めを文書化してしまうと取りこぼしも多くなります。

先ずは充実した内容の離婚協議書を作成、その後に公正証書にします。但し、書類作成だけの机上の知識では上手な離婚はできません。離婚相談の経験豊富な事務所を選びましょう。ホームページでメール相談を受けている事務所も多いので、利用してみましょう。文書を作るのが専門ですが、実践的な離婚ノウハウと法務アドバイスが期待できます。

弁護士

弁護士に相談する場合は、心の整理がつかないまま相談に行っても、愚痴に終始するだけで時間とお金が飛んでいきます。相談料は30分5,000円が目安ですが、裁判となれば100万円以上の出費になりますので、相当の覚悟が必要です。勝算がない離婚裁判は敬遠される事もあります。

離婚カウンセラー

悩んでいる段階なら、離婚カウンセラーの方が適切です。百戦錬磨、法的なノウハウもバッチリです。離婚以外の道が開ける事も多いようです。

探偵・興信所

「勝つための使える情報」を手にする事ができるでしょう。浮気等の証拠を掴んでくれます。実際に依頼しなくても、ホームページを読むだけでも証拠固めの為のリアルなノウハウが沢山みつかります。

但し、悪質な業者もあります。必要以上に調査員の数や調査書の枚数を増やされたり、成功報酬型といいながらも何らかの名目で追加料金が発生したりのトラブルもあるようです。何もかもを鵜呑みにせず、依頼する場合は慎重に吟味しましょう。

離婚カウンセラーや探偵は法律の専門家と連携している場合がほとんどです。上手に利用しましょう。

調停・慰謝料・財産分与、離婚相談は今すぐこちらへ
space