離婚相談の離婚問題連絡協議会/離婚に関するコラム/第19回「バーチャル離婚カウンセリング」その1

「離婚問題連絡協議会」TEL:03-6452-9889、受付:AM10時〜PM8時・日祝定休
離婚問題連絡協議会離婚に関するコラム>第19回「バーチャル離婚カウンセリング」その1

離婚に関するコラム

第19回「バーチャル離婚カウンセリング」その1

カウンセリング、興味はあっても、実際に受けるとなるとなかなか勇気が出ない。 では、ここで疑似体験してみましょう。
他の人達はどのような経緯で別れる・別れないを決めたのでしょうか。
カウンセリングを受けて夫婦修復の方向に向かうケースは結構多いのです。
カウンセリングルームをちょっと覗いてみましょう。

仕切り線

岡野あつこの夫婦関係修復カウンセリング

【参考】岡野あつこ氏ホームページ

★不仲の問題が夫婦の間だけにある→問題さえクリアすればやり直せる

DATA
夫:森下広幸さん(仮名・35歳・会社員)
妻:森下光代さん(仮名・35歳・パートタイマー)
子供:2人

仕切り線

相談内容【妻からの相談】

一年くらい前から夫と喧嘩が絶えなくなり、ひどい言葉の暴力を受けた。医者に行くほどではないが、身体的暴力もあった。とうとう最近では喧嘩さえもなくなり口をきかなくなってしまった。家庭内別居。家の中の重い空気に耐えられない。
離婚したいが、住む所を借りるとなればパート収入では生活は成り立たない。でも、もう夫と暮らすのは我慢の限界にきている。

妻のカウンセリング

妻の光代さんが、先ずは一人で私のカウンセリングに訪れました。

  • 岡野
    喧嘩の原因は何だったの?
  • 光代
    私一人で忙しく大変な思いをしているのを知っていて、全然家事を手伝ってくれなくて。子供の面倒もみてくれないので、二分の一とは言わない。でもせめて三分の一くらいは家事と育児を分担して、と言ったんです。すると、俺は家事が苦手なんだ!と。家事って得手不得手の問題じゃなく、生きていたら誰でも当然しなきゃならない事じゃないですか。そうしたら、そんなに大変ならパートを辞めろ、と言い出しました。その後は売り言葉に買い言葉で、物を投げられたり、殴られたり突き飛ばされたり…
調停・慰謝料・財産分与、離婚相談は今すぐこちらへ
space