離婚相談の離婚問題連絡協議会/離婚に関するコラム/第30回「調停離婚」

「離婚問題連絡協議会」TEL:03-6452-9889、受付:AM10時〜PM8時・日祝定休

離婚に関するコラム

第30回「調停離婚」

ROUND2:誰か助けて!第2ラウンド「調停離婚」

調停離婚とは?

調停離婚は、家庭裁判所が関与します。裁判所?裁判沙汰?いいえ、そうではありません。学識・専門知識・経験のある調停委員が当事者の言い分を聞き、相手との意志疎通をはかり、助言をしてくれるのです。

つまり、アドバイザー兼レフリー兼交渉人兼代弁者…結婚でいう仲人のようなものです。公開の法廷ではなく、調停室で、テーブルを挟んで話合いが進められます、控え室があり、別々に呼ばれますので、相手の顔色をうかがう事なく自由に発言できます。

1回の調停で話がきまる事は少ないので、20日〜1ヶ月ぐらいの割合で繰り返し調停が行われ、平均で半年〜1年ぐらいかけて何らかの結論を導き出します。最終的に話がまとまり、調停調書が作成され、離婚が成立します。

夫婦で話し合おうとしても、相手がのらりくらりと逃げてしまう場合等、調停を利用する事で、相手を話し合いの場に引き出す事ができます。裁判所が関与しますから、体裁を重んじる相手には大きなプレッシャーにもなります。

調停離婚の手続き

調停・慰謝料・財産分与、離婚相談は今すぐこちらへ
space