離婚相談の離婚問題連絡協議会/離婚に関するコラム/第40回「審判離婚」

「離婚問題連絡協議会」TEL:03-6452-9889、受付:AM10時〜PM8時・日祝定休

離婚に関するコラム

第40回「審判離婚」

ROUND3:幻の第3ラウンド「審判離婚」(稀なケース)

審判離婚とは?

調停離婚の延長上にあります。調停離婚が成立しなかったが、家事審判官離婚を適当であると認め、家庭裁判所審判という形をとって、一方的に離婚を命じるもので、件数はあまり多くありません。
どんな場合かといいますと…

  • 調停が進んで、お互いに離婚を認めた方がいいと思われるのに、些細な事に拘って、離婚調停が不成立になる場合
  • 最終段階になって調停に出頭しない場合等

です。

この審判に異議のある当事者は、審判の告知から2週間以内に異議を申立てると、その審判は失効して、なかった事になります。
外国人等の離婚の場合、外国の法律で離婚の成立が認められるように裁判所が出す審判という方法も利用されています。

調停・慰謝料・財産分与、離婚相談は今すぐこちらへ
space