離婚相談の離婚問題連絡協議会/離婚に関するコラム/第42回「法定離婚原因」

「離婚問題連絡協議会」TEL:03-6452-9889、受付:AM10時〜PM8時・日祝定休
離婚問題連絡協議会離婚に関するコラム>第42回「法定離婚原因」

離婚に関するコラム

第42回「法定離婚原因」

裁判離婚では、これ以外の理由では離婚できません!
  • 相手に不貞行為があった場合
  • 相手から悪意で遺棄された場合
  • 相手の生死が3年以上不明である場合
  • 相手が強度の精神病に罹り、回復の見込みがない場合
  • 婚姻の継続が困難な重大な事由がある場合

離婚原因パレット

離婚原因パレット

これらの離婚原因がある時でも婚姻の継続が可能とみなされれば、離婚請求が棄却される事もあります。

3.と4.は何となくわかりますね。では「不貞行為」「悪意で遺棄」とは?そして「婚姻の継続が困難な重大な事由」とは具体的に何でしょうか?

裁判で離婚原因と認められるものを知っておく事は必要ですが、実際の所、離婚裁判となれば、専門家が関わります。自分のケースで裁判離婚が可能かどうかは専門家が判断してくれる事でしょう。いずれにしても離婚を有利に運ぶための写真や診断書等の証拠は自分で残しておく必要があります。

調停・慰謝料・財産分与、離婚相談は今すぐこちらへ
space