離婚相談の離婚問題連絡協議会/離婚に関するコラム/第91回「別居Q&A」

「離婚問題連絡協議会」TEL:03-6452-9889、受付:AM10時〜PM8時・日祝定休

離婚に関するコラム

第91回「別居Q&A」

space
space
space
  • :先ず無理です。妻の浮気が原因で夫婦生活が破綻した場合、妻の方から離婚を要求し、生活費も請求できるかといえば、先ず無理だと思って下さい。婚姻を破綻させた原因を作った者を「有責配偶者」といいます。この場合は妻がそうです。
    夫婦の別居が相当の長期間に及んでいたり、子供がいない事、「一方が精神的・社会的・経済的に極めて過酷な状況におかれない」といった条件に当てはまる場合、妻側からの離婚請求が認められるケースもありますが、現状では有責配偶者からの生活費の分担請求は認められないと考えておくべきでしょう。
  • :健康保険の件ですが、確かに「遠隔地被保険者証」を発行してもらえば、別居していてもご主人の健康保険を利用できます。 但し、発行するには、職場を通じての届出が必要です。新婚のご主人の職場での体面もあるでしょうし、正式に離婚した場合に、扶養家族からはずすために再度職場に届出が必要です。
    長期間の別居生活を前提としないなら、あえて「遠隔地被保険者証」を作る必要はないと思います。当面の対応としては、健康保険証をコピーして、万一の時は、医療機関に事情を説明して提示されると良いと思います。
space
調停・慰謝料・財産分与、離婚相談は今すぐこちらへ
space