失敗しない!離婚と慰謝料。離婚問題連絡協議会

« 【自己責任の原則】 | トップページへ戻る | 【死亡による婚姻の解消】 »

【事情変更の原則】

ここでいう事情とは、離婚をし別々になった夫婦の各々の事情のことを指しています。離婚後に、子供が上級学校に進学するに伴って養育費の金額を増加する必要がある場合、またはどちらかが就職・転職・失業・倒産などで収入の増減が生じた場合など、そういったときに一度決めた養育費を変更する申立てを行うことができると民法によって定められています。このことを「事情変更の原則」と呼びます。