失敗しない!離婚と慰謝料。離婚問題連絡協議会

« 【親権】 | トップページへ戻る | 【親権者】 »

【親権と監護権を分離】

離婚に際して、通常だと親権者が同時に監護権を有し、子供を引き取って養育・監護をしていきますが、子供の福祉のために監護権者と親権者を分離することが必要だとされる場合は、親権者でない父母の一方または第三者を監護権者に定めることができます。監護権者を定めた場合は、身上(普段の生活)に関する監護は監護権者が行い、子の財産に関する法律行為の代理は親権者が行うことになります。