失敗しない!離婚と慰謝料。離婚問題連絡協議会

« 【嫡出子】 | トップページへ戻る | 【嫡出推定を受けない嫡出子】 »

【嫡出推定】

婚姻中に子が生まれたとき、その子の母親は出生の事実から認定することができるが父親はそういった事実認定ができません。そこで、ある一定の期間などの目安を設けて、父親はその母親の夫であるだろうという推定によって認定されます。ちなみに婚姻成立の日から200日以降、または婚姻の解消もしくは取り消しの日から300日以内に生まれた子は、婚姻中に懐胎したものと推定されます。