失敗しない!離婚と慰謝料。離婚問題連絡協議会

« 【嫡出推定を受けない嫡出子】 | トップページへ戻る | 【懲戒権】 »

【嫡出子否認の訴え】

父親とされる人が嫡出推定を否認するには、子または親権を行う母に対する訴訟などによらなければそれを主張することはできません。ただし、これを行うには親子関係の不存在確認(その子が自分の子ではないという確証めいたもの)が絶対不可欠であるといえます。また親権を行う母がないときは、家庭裁判所は、特別代理人を選任しなければなりません。