失敗しない!離婚と慰謝料。離婚問題連絡協議会

« 【解除条件】 | トップページへ戻る | 【過酷状況】 »

【回復見込みのない強度の精神病】

強度の精神病にかかっているだけでは足りず、回復の見込みがないというのがポイントです。鬱病などの強度の精神病にかかっているかどうかは、医師の鑑定により診断された結果をもとに、裁判所が判断を下します。過去の裁判所による判決の事例によると、精神病による離婚は簡単には認められないのが現状です。精神病にかかった配偶者が、病気を理由に離婚されたとすると、その配偶者は社会的にも経済的にも、離婚前より不利な立場に立たされることは明らかです。
強度の精神病で離婚原因ありと認められる一般的な条件としては、以下の四つがあげられます。

@医師による精神鑑定がされているか
A配偶者の病気が今まで長期間にわたり、今後も回復見込みが立たないでいるか
B離婚請求する側が、今まで誠意を持って介護・療養・看護してきたか
C離婚後に病気の配偶者を介護・療養したり、援助などの生活保障ができているか

しかし、これもまたケース・バイ・ケースであり、条件を満たしていても離婚請求が棄却されるということもあります。