失敗しない!離婚と慰謝料。離婚問題連絡協議会

« 【扶養請求】 | トップページへ戻る | 【法廷離婚事由】 »

【扶養的財産分与】

離婚によって夫婦の一方が経済的に不利になる場合に、それに対する扶養としての財産分与を行うことです。簡単に言い換えるなら、夫婦のどちらかが離婚によって経済的に困難な状況になったときに経済的自立の目処がたつまでの間、もう一方によって支払われる生活保障です。 これは子に対して支払う養育費などとは全く異なるもので、支払い期間は通常で3年といわれています。