失敗しない!離婚と慰謝料。離婚問題連絡協議会

« 【判例】 | トップページへ戻る | 【面接交渉】 »

【未成熟子】

扶養の必要性が認められている子、親の監護なしでは生活を保持しえない子のことを指します。判断基準としては、成人してるかどうかではなく、自分で稼いでいるかどうかなどといったように、子自身が経済的・社会的に自立しているかどうかがポイントになります。一般的に、離婚の際に未成熟子の親権・監護権を獲得した夫婦のどちらかは、もう一方に対して養育費などの請求ができます。