失敗しない!離婚と慰謝料。離婚問題連絡協議会

« 【未成年者の保護】 | トップページへ戻る | 【有責性】 »

【結納】

現在では、婚約成立のしるしに両当事者またはその親が金銭または品物を取り交わすこと、またその儀式や金品のことを意味しています。
もともとは「云納(いい入れ)」と称され、婚約の両当事者が結婚を承諾しますという意思表示と共に、相手を成人に達するまで育てた相手側の両親に対しての感謝の気持ちを表すものでもあり、また二人が「婚約者以外の方とは結婚しない」という誓いのことを表していました。