失敗しない!離婚と慰謝料。離婚問題連絡協議会

« 【有責性】 | トップページへ戻る | 【有責配偶者の離婚請求】 »

【有責配偶者】

直接的に離婚の原因となる事由を起こした側のことを指します。主に挙げられる具体例としては浮気・不倫などの不貞行為、暴力行為などであり、こういった行動が民法の法定離婚事由に該当する配偶者のことを有責配偶者、もう一方を無責配偶者と呼びます。原則として有責配偶者は離婚請求をすることはできないとされていますが、いくつかの条件を満たしていれば可能になります。