失敗しない!離婚と慰謝料。離婚問題連絡協議会

« 【家事事件】 | トップページへ戻る | 【家事審判官】 »

【家事審判】

家事事件の審判において、裁判官である家事審判官は当事者から提出された書類や家庭裁判所調査官が行った調査の結果などの様々な資料に基づいて判断を行い、決定を下します。そして、この決定は審判と呼ばれ、これに不服がある場合は審判から2週間以内に不服の申立てをすることにより、高等裁判所で再審理をすることが可能になります。しかし、全ての場合において不服を申し立てられるわけではなく、事件の性質などによっては再審理をすることができないこともあります。また不服の申立てをしないまま審判から2週間が経過した場合や、高等裁判所で不服申立てが認められなかった場合は審判が確定します。