失敗しない!離婚と慰謝料。離婚問題連絡協議会

« 【履行遅滞】 | トップページへ戻る | 【履行命令】 »

【履行不能】

債務不履行の一つで、故意か過失かに関わらず、債権・債務成立後に債務者が履行不可能になること、を意味します。これに対して債権者が経済的・精神的負担を受けたときは、債務自体を強制できるだけでなく、不足分の給付に代わるための填補(てんぽ)賠償といった損害賠償請求、また契約解除ができます。
こういった事柄は離婚問題において、財産分与であったり、慰謝料の支払いなどのときに起こり得る可能性があります。