失敗しない!離婚と慰謝料。離婚問題連絡協議会

« 【履行命令】 | トップページへ戻る | 【離婚原因慰謝料】 »

【離婚】

夫婦のどちらか、または両者が夫婦としての共同生活を今後続けていくことが困難であると判断した場合、双方の意思の合意を得た上で、法律上の婚姻関係を解消することです。日本において現行法では、裁判上の離婚、協議離婚、家庭裁判所の調停による離婚・審判による離婚、の4つが認められています。離婚の定義として、夫婦双方が生存していることが条件となっていますがこれに当てはまらない特例として、夫婦のどちらかが3年以上の生死不明であること、またどちらかの死亡が明らかなときは生存者の意思によって婚姻を解消することができます。
日本国内での離婚件数は年々増加の一途を辿っており、また近年の傾向としては特に若年層における離婚率の上昇が社会的な問題とされています。また日本に限らず世界各国でも離婚件数の増加は見られ、世界的な問題として危惧する声も出ています。