失敗しない!離婚と慰謝料。離婚問題連絡協議会

« 【離婚の際に称していた氏を称する届】 | トップページへ戻る | 【離婚の無効】 »

【離婚の取消】

離婚が成立してしまった後に、当事者のはっきりとした意思表示によって離婚を解消することです。離婚を取消することは可能ですが、すでに離婚したということが戸籍には明確に記載されてしまっているためこれを訂正する必要が出てきます。訂正するには原則的に「協議離婚届出無効確認訴訟」が必要になります。
しかし、調停離婚または裁判離婚により離婚が成立した場合は取消をすることができません。あくまで、協議離婚の場合にのみ限られます。