失敗しない!離婚と慰謝料。離婚問題連絡協議会

« 【離婚届】 | トップページへ戻る | 【離縁】 »

【離婚届の不受理申出書】

離婚届が受理される前に役所にこれを提出することによって、離婚届が受理されなくなるという法的な効力を持つ書類です。
具体的な用途としては、夫婦のどちらかが独断で離婚届を提出してしまう可能性のあるとき、または夫婦どちらかの親が提出してしまう可能性があるとき、などが挙げられます。例え偽造された離婚届であったとしても、記述に不備が無ければ受理されてしまうこともあります。そういったことを未然に防ぐための手段として用いられています。この他にも自分の意思と反して離婚届が提出されてしまう可能性があるケースというのは様々ですが、この書類は出した本人の取下書が無ければ無効化することはできません。
ただし、この書類の効力期間は提出されてから6ヶ月間と決まっています。