失敗しない!離婚と慰謝料。離婚問題連絡協議会

« 【和解調書】 | トップページへ戻る | 【協議離婚】 »

【寄託制度】

民法上、当事者の一方が相手方のために、保管することを約束している物を受け取ることによって成立するとされている制度のことです。具体的な例としては当事者間で直接金銭を支払うのが困難な場合のために、家庭裁判所が金銭の寄託を受け、支払いを円滑にすることなどが挙げられます。