失敗しない!離婚と慰謝料。離婚問題連絡協議会

« 【口頭弁論期日】 | トップページへ戻る | 【婚氏続称】 »

【国際裁判管轄】

事件の当事者が複数存在しまたそれぞれ違う国の人間であるとき、裁判管轄がどちらの国(または、違う国の裁判所)で行われるか判らなくなる場合があります。こういった問題は非常に難しい問題であるといえます。なぜなら文化・慣習の違う国では当然法律も違ってくるためです。さらにこういった問題を解決する明確な基準というのも未だに無いため、このような事件が起こった際は最高裁判所の準則のもとで定めていくことが有効であると考えられます。