失敗しない!離婚と慰謝料。離婚問題連絡協議会

« 【婚姻の無効】 | トップページへ戻る | 【婚姻届】 »

【婚姻を継続しがたい重大な事由】

噛み砕いて言えば、離婚するために必要な事由のことです。これに当てはまる事項は非常に抽象的なものが多く、結果としては、最終的に判断を下す裁判官への判断材料として用いられます。それ1つでは離婚の決定の決め手として弱い場合でも、2〜3つの要因が重複することによって夫婦生活が破綻していると証明され、また修復が不可能と判断された場合、離婚原因として認められることがあります。具体的には、性格の不一致、暴行や虐待、勤労意欲の欠如、犯罪による服役などが挙げられます。