失敗しない!離婚と慰謝料。離婚問題連絡協議会

« 【詐害行為取消権】 | トップページへ戻る | 【差押禁止財産】 »

【債務名義】

強制執行によって実現されることが予定されている司法上の給付請求権の存在、範囲、執行当事者(債権者・債務者)を明文化し公的に証明した公の文書のことです。債権者が独自に強制執行を行う場合、この債務名義がないと裁判所や執行官の許可は下りません。債務名義の具体例としては、執行認諾付公正証書、裁判所の判決(確定判決、仮執行宣言付判決)、和解調書、調停調書、支払督促などがあります。